Contact

スタッフ紹介

副部長斎藤 慎一

出身
埼玉県さいたま市
趣味
サッカー観戦 ゲーム フィギュア収集
生年月日
1976年6月14日
血液型
A型
入社年月
2000年4月1日
目標
誰もが知ってる番組の総合演出に!
主な担当番組
ザ!鉄腕!DASH!!(NTV)

 

ここ数年、『DASH島』のチーフディレクターをやっている。通称:島長です。

『ザ!鉄腕!DASH!!』に異動になったのは、入社1年目の半ば。
まだ、テレビ業界が”修羅の世界”感をギリギリ残している頃でした。
中でもDASHは、ADの間で「厳しい・怖い・キツい」と言われていて、確かに
スタッフの入れ替わりが激しい&残っているスタッフもどこか影のある感じ。
そこで投入されたのが、ボクです。「バイトのADだと辞めちゃうけど、社員なら
辞めないから」と当時は噂されていました。(真実は闇の中です…)
それから恐らく15年くらい、ずーっとDASHを担当しています。

先日、雑誌の取材をお受けした時にライターの方に聞いてみました。
「DASH島のスタッフって、どんな人をイメージしてました?」
返ってきたのは
「日焼けしてて…ゴツくて…何でもできちゃう人」大体は合っています。
ただ、これってテレビ業界でも特殊な人種です。DASH島にハマるスタッフって
なかなかいません。
一方で、みんな意外と普通の人です。特別な才能の持ち主でもありません。
たぶん、「厳しい・怖い・キツい」仕事の中で、沢山の物を身に付けてきたんだ
と思います。

ボクは、東京のベッドタウン・埼玉県浦和市(現さいたま市)に生まれて、ファ
ミコンとサッカーに明け暮れる少年でした。「DASH島って、大人の秘密基地だ
よね」とか「子供の頃にやりたかったことを実現してる」と言われますが、綺麗
好きなA型なので汚れることは嫌いでした。秘密基地遊びは人並み程度、それほど
外遊びもしていません。身体は、弱いし、虫歯も多いし、人見知りだし…(今でも
キャンプやバーベキューは面倒くさいので進んではやりません。蛇も大っ嫌い)。
でも、DASH村で農家さんや大工さんと仕事をすれば「技術と知識」が身につくし
ソーラーカーで日本中を走って各地の人と方言で話せば「コミュニケーション」が
上手くなる。DASH島では「土と汗」にまみれてでも開拓を進めたい。その結果、
今のスタイルになっただけ。要は、誰にでもできるんです。

元々、「沢山の人を笑わせたい」と思って入社して、今でもその想いがボクの
ベースです。そのモチベーション1つで、15年かけて変われたし、成長できた。
幸い、楽しい仲間がいて…普通の仕事じゃ出来ない経験が山ほどできて…それを
見て沢山の人たちが喜んでくれる。今のボクにはモチベーションがいくつもあり
ます。なので、年々言う事を聞かなくなる身体に鞭打って、編集で徹夜の合間に
この原稿を打っています。

saitouyama

 

 

 

 

ネタ帳 Notepadネタ帳 Notepad

プロモーション・イベント企画・商品開発に関するお問い合わせ

商品、その他企画等、IVSへの制作のご依頼について

その他お問い合わせ

採用についてのお問合せ、
IVSについての総合的なお問い合わせ